AEDについて

AEDとは、Automated External Defibrillatorの略称です。
心臓は全身に血液を送り込むポンプの役目をしているので、その心臓が停まってしまうと血液が全身に送り出されなくなります。

心臓が停止してしまうと、1分間に約7~10%ずつ時間の経過とともに、蘇生のチャンスが失われていくと言われています。

心臓が突然停止してしまう主な原因の一つが心室細動です。
この心室細動は、早く確実に正常な状態に除細するかが重要で、心臓を正常なリズムに戻す唯一の方法が電気ショックです。

AEDは医療機器ですが、使用には専門的な医療知識が必須ではなく、様々な原因で心臓に痙攣を起こしている患者さんの心電図を測定し、解析を行います。
そして必要に応じて心臓に電気ショックを与え、血液を送り出すための正常なリズムを取り戻させます。
AEDの使用の際には、心肺蘇生に必要な手順や指示が音声によって出されます。
心臓の仕組みや心肺蘇生の方法について専門的な知識がなくても利用が出来る救命処置の為の医療機器です。

AED使用の実例

AEDという言葉自体は、皆さんご存知かもしれません。
しかしAEDの使い方を知っているという方や、実際に使ったことがあると言う方はどのくらい存在するのでしょう。

AEDでは、心臓に電気ショックを与え除細動という処置を行い、これまで沢山の方の命が救われています。
しかし、AEDが近くにあったにも関わらず使用されないまま治療の開始が遅れ、その後の社会復帰に大きな影響が出ていることも現実的には少なくありません。

心臓で起こる心室細動という病態は、早い段階で適切な処置が行われれば、救急隊が到着する前にも回復する場合があります。
この病態は一般市民では判断がつきにくい状況ですが、AEDを使用すれば適切な判断・処置が可能になってきます。
心肺蘇生と合わせてAEDで除細動が行わればもっと沢山の命が救われることとなるでしょう。
このサイトでは実際に国が公表している数字を見ていきながらAED使用の実例を述べていきたいと思います。